前へ
次へ

葬式に関しての考え方についての記述

家族や親戚縁者もしくは知人友人がこの世を去ったとの知らせが来たとき、お別れをするための一般的な手段として葬式の参列がありますが、葬式の形式にも様々あります。
世界中には多様な宗教があり、それに伴い式の定義も違ってきますし、無宗教の場合もありますので、前もって知識として頭に入れておくといざというとき役立つと考えます。
一般的には黒を基本とした服装で、華美な服装や装飾品、毛皮素材のものは極力避けると言われていますが、残された家族を思うなら、当然と考えます。
家族葬も増えてきており、参列はご遠慮願う場合もありますので、家族のご意向を組み、静かに送って差し上げることも大切かと存じます。
葬式は、故人に別れを告げるためはもちろんのこと、残された方々が、死を心の中で受け止めるための大切な時間であり、その心の流れを援助する儀式と考えます。
ご家族の心中を察し参列するために、基本的な知識は取り入れておきたいと考えます。

Page Top